【必読!】レジーナクリニックでは麻酔クリームを使ってくれないという口コミは本当か確かめてみました!

レジーナクリニックでは、痛みの弱い方には、麻酔クリームが無料というサービスを行っています。

 

痛みは光脱毛よりも強くなりますし、麻酔をしてもらないと辛いですよね。

 

ですが、実際にレジーナクリニックに通っている方からの口コミでは、「麻酔クリームをお願いしたけど使ってくれなかった。」という口コミが目立っています。

 

麻酔をしてほしいのに使ってくれないなんてひどい!!と思ったサイト管理人が、レジーナクリニック全14院に電話で麻酔の真相を直撃してみました!

 

麻酔使用に関しては、院によって方針が異なる!

特に痛みが強いVIOに麻酔を使えるのかどうかを電話で14院に同じ質問をしてみました。

 

結論から言ってしまうと、初回に麻酔が使えないところが多く、ほとんどの人が麻酔を使っていないという回答でした。

 

ただし、痛みに弱いと伝えると初回から麻酔をしてくれるという院もありました。

 

同じレジーナクリニックでも若干場所によっては麻酔を使ってくれるところと、お断りしているところがあると肌で実感しました。

 

ということで、実際に14院あるレジーナクリニックにそれぞれ電話をして問い合わせてみました!

 

銀座5丁目院・・対応は良い

 

 

基本的には、1回目の脱毛の時には肌の状態を見させていただくということで、麻酔はほとんどの場合使いません。

 

どうしてもという場合は、2回目以降から麻酔クリームを使います。

 

VIOであっても、みなさん麻酔を使わずに脱毛されていますよ。

 

ちなみに麻酔クリームを塗っても痛みがゼロになるわけではなく、お肌が弱い方は炎症を起こすこともあります。


 

という回答でした。

 

光脱毛よりも医療脱毛の1ショットは直径2pほどの丸形なので、よりレーザーを当てる回数は増えます。

 

痛みに弱い方や、パーツによっては無料で麻酔クリームを使用してくれます。

 

池袋院・・対応いまいち

 

 

麻酔クリームはほとんど使ったことがありません。

 

麻酔クリームは刺激成分が強いので、かぶれのリスクがありますし、麻酔は肌表面だからレーザー脱毛の時には効かないです。

 

麻酔を使うと赤みがでたり、ただれるリスクもあります。

 

ドクターが処方しないと麻酔は使えません。


 

麻酔を使うほうがリスクがあるということを強調していました。

 

表参道院・・対応良い

 

 

麻酔クリームはありますが、VIO以外は麻酔できません。

 

10人に1人くらいの割合でVIO脱毛には麻酔を使っています。


 

新宿院・・対応は淡々としてるけど、詳しく教えてくれた!

 

 

麻酔クリームは30〜40分肌に塗ったままにし、それからレーザーを当てます。

 

痛みは6−7割残るので、痛いです。

 

レーザー出力を下げても濃い毛は反応がいいので、レーザーのパワーを下げて麻酔なしでみなさん脱毛しています。

 

ですが、脱毛サロンよりは痛いのは事実です。


 

麻酔クリームの使い方や、リスクに関しても詳しく教えてくれました。

 

正直に色々と教えてくれました。

 

 

渋谷院・・対応よい

 

1回目の脱毛は、肌の様子や痛みを見るため、極力麻酔は使わないが、麻酔は途中からでも使えます。

 

毛質や毛量にもよりますが、5回コースではかなり毛が減るがツルツルとまではいかないです。

 

1回の都度払いは本来42000円ですが、5回コースを受けた方のみ追加料金は1回ごとに21000円で行えます。

 

5回で満足される方も多いですが、ツルツルにしたい方は2〜3回追加で脱毛をされています。

 

麻酔クリームは肌が荒れてしまったり、やけどのリスクがあります。

 

ですが痛みを我慢する必要はないので、麻酔は使えます。


 

町田院・・対応良い、親身になってくれました

 

麻酔クリームはvioのみ使えますが、ほとんど使ったことがないです。

 

麻酔クリームを塗っても効かないのが事実です。


 

横浜院・・淡々とした対応

 

医療脱毛は毛根破壊できるので、Iラインの粘膜も照射できますし、永久脱毛ができます。

 

麻酔クリームは初回はNGです。

 

2回目以降は使えますが、ただれややけどのリスクがあります。

 

痛みもあまり軽減できません。

 

乾燥していると痛みが強くなるので、痛み対策として保湿が大事です。


 

心斎橋院・・対応丁寧

 

初回は麻酔は使えません。

 

パワーを下げて照射するので、みなさん麻酔を使わなくても脱毛されています。


 

 

大阪梅田院・・対応良い

 

初回からVIOの麻酔は使えます。


 

 

梅田東院 対応やさしい良い

 

初回から麻酔は使えます。

 

医師の診察で痛みに弱いと伝えて、OKが出れば初回から使える


 

札幌院・・対応良い

 

麻酔クリームは、やけどやかぶれのリスクがあるのでオススメしていません。

 

麻酔クリームを塗ってラップ貼ったまま30分置くので、その間にかぶれる方が多いのでほとんどの方が麻酔は使わないです。

 

麻酔をしても痛みもあるので、出力を下げてみなさん脱毛されています。


 

福岡院・・対応良い

 

 

その人の肌にレーザーの出力レベルを合わせるために初回は麻酔は使いません。

 

麻酔はやけどのリスクがあります。

 

パワーが高いと脱毛効果が高くなりますが、麻酔をしてしまうとその人の肌のレベルを合わせにくく、やけどのリスクが高まるため一番低いパワーで照射します。


 

名古屋院・・対応良い

 

 

初回は麻酔なしが基本で、1回目の途中から麻酔を使うこともできません。

 

麻酔は2回目以降できるけど、肌に合わなかったときのリスクのほうが怖いです。


 

 

レジーナクリニックの麻酔の使用についてのまとめ

各クリニックに麻酔の使用について問い合わせてみた大調査はいかがでしたでしょうか?

 

1回目の脱毛から麻酔を使えるのは、大阪梅田院と梅田東院のみでした。

 

1回目の脱毛の途中でも麻酔を使ってくれるのは渋谷院のみでした。

 

こうした同じクリニックによっても場所によって回答が違うのには、医師の見解の違いもあるのでしょうか?

 

ただ、麻酔クリームは肌の表面麻酔なので、麻酔を使ってもほとんど効果がないというのも残念ですよね。

 

笑気麻酔のほうが痛みが心配な方にとってはうれいいですね。(体への負担もありますが・・)

 

痛みが強い場合は、出力を調整してもらうこと、保湿ケアをするとだいぶ違うようです。

 

レジーナクリニックの麻酔はほぼ効かない、2回目以降でないと使えないと考えておいたほうがよさそうです。

 

カウンセリング時や医師の診察時に痛みに弱い方は麻酔を使いたいと伝えておくとスムーズだそうです。

 

ただし、赤みやかぶれのリスクも頭に入れておいたほうがよさそうです。

 

レジーナクリニックのカウンセリングに申し込んでみる>>

このページの先頭へ戻る